ローコスト住宅とは

ローコスト住宅

ローコスト住宅というのは徹底的にコストにこだわった住宅の事で、他の住宅よりもかなりコスト的に安くなっている住宅の事です。通常の住宅では一生に一度立てられるかどうかというような住宅がほとんどですが、このローコスト住宅ではかなりコストが安くなっています

 

ローコスト住宅が出来る理由としては

 

費用をとことん安く

家というものを徹底的に細分化して、他の場所で大量に組み立てて、それを持ってくるという方法や、材料は他のものとすべて共通で出来るようにして、パーツにかかる費用を極限まで下げているということがあります

 

住宅というものを専門職の大工でなくても作れるように簡単な構造にして、作る時間と職人にかかる費用をとことん安くすることでも価格を下げています

 

ローコスト住宅のメリット・デメリット

ローコスト住宅のメリットは安さ

 

ローコスト住宅のメリットは安い

ローコスト住宅にする事のメリットは価格がとにかく安いという事です。そのためローンを組む場合でも金利をあまり払わなくて済みます。ローンにかかる金利というのはとても大きなものでかなりの負担となりますから、これが軽くなるのは大きなメリットです。また、ローンを組むことなく家を建てることも出来てしまいます

 

コストが安くなるので、自分のこだわりというものを付け足すような事も可能となりますし、修繕などの費用も安くなるという傾向があるといえるでしょう。家の価値というものが下がりにくいということにもつながりますし、住宅価格があまり変動しないので安心していられるということもメリットと考えてもいいでしょう。

ローコスト住宅のデメリット

 

カスタマイズがあまり出来ない

ローコスト住宅のデメリットはカスタマイズがあまり出来ないということです。基本的には量産することでコストを削減していますから、特殊なこだわりというものについては出来ないことがあります。もちろん、出来ることもありますから、出来るか出来ないかは施行主と相談をするということになります

出来ないことがローコスト住宅ではないものと比較すると多くなる可能性が高くなります

 

耐震性などの点で不安がある

 

耐震性の不安

ですが、耐震基準というものは守られていますから、耐震基準的にということではなく、あまりにも安いので本当かなという疑念が出てしまうということになるという程度のことです。高いから耐震性がいいとも限らないのですが、気分的なことがあります。

 

住宅メーカー人気ランキング

ローコストで建てたいと言う方も、住宅メーカーの情報は必要かと思います。ここでは人気の高い住宅メーカーをランキングでご紹介しておきます。

 

住友不動産

住友不動産の特徴

間取りプランも部屋の大きさは広くとり、使い勝手がよく、しかも効率よく延床面積、施工面積が減り、コストダウンを考えての提案

デザインが良い提案を出して頂けて、提案力やスピーディと評判

評価 評価5
備考 木造在来ローコストメーカーの中では躯体レベルは大手に迫るトップランクメーカー
 
 

アイフルホーム

アイフルホームの特徴

誰もが手に届く住宅の価格を追求しながら、品質と保証の面においてもゆるぎない自信を持っているからこそ貫く

ローコストメーカーとしても良い評判多し

評価 評価4
備考 アイプライムセブンは坪単価20万円代から注目
 
 

アエラホーム

アエラホームの特徴

アエラホームはローコストメーカーですが基本性能はお値段以上

例えば基礎は基礎高は普通だけど、基礎幅と配筋はクラス以上

評価 評価3
備考 アエラホームは環境設計の家を実現
 

※飛び先は全てタウンライフ家づくりです。無料の一括見積りで価格を確認が出来るので^^

500万〜1000万のローコスト住宅

新築住宅の価格と聞くと2000万円や3000万円、また交通や買い物の便の良い高級住宅街と言えば5000万円でも当たり前です…500万円クラスのローコスト住宅と聞くと、誰もが大丈夫かしらと不安に思う事でしょう。

でも住宅の価格は構造や規模などで、大きく価格が変わってきます

特に内外装の仕上げ材になると、材質や工法などで差が出てくるものです。また設備機器類ほど住宅の価格に影響を与えるものはありません。

 

システムキッチン

システムキッチンやシステムバスなどの価格は、材質や設備機器によって大きな開きが出てきます。当然住宅の広さや階数そして構造本体によっても大きく価格の差が出てくるのです。

ローコスト住宅は通常の住宅とどこが違う?

500万円〜1000万円程度のローコスト住宅は、通常の価格の住宅とどの様な所が違うのでしょうかと言うと、木造で延べ床面積が25坪より小さく、真四角な2階建て住宅が多いようです。真四角にする事で屋根や内外装の造作が簡単で、工期は短くなるために職人の労務費が安くつくのです

 

また外装材は通常より少し薄めの外装版を使用したり、内装のクロスなどは最も安いクラスの材料を使用しています。次に注目すべきはキッチンや浴室そして洗面所やトイレの設備機器類です。高価なシステムキッチンやシステムバスなどは避けて、低価格帯の機器類を使用しているようです。照明器具なども直付けで最初に取り付けるべきものだけを取り付けて、その他は建築主で買う様にしているようです

ローコスト住宅は購入しても大丈夫なの?

何ら心配するような事はありません。木造の構造体は建築確認申請を届けるときに、建築基準法に則り柱や梁の大きさや耐震性も考えて届出されています。ローコスト住宅にできたのは企業努力により、建物に支障の無い所で材料や工法で価格を安くできたからです

 

例えば内装材のクロスは、数年経過して汚れたり日焼けしたら張り替えるので、安くても何ら支障はないでしょう。設備機器類も通常使用するには何ら問題はないですが、もっとグレードの良い設備機器に取り換える事は可能です。若い時はローコスト住宅で我慢して、数年後にリフォーム工事でグレードアップする方法もあります。

 

タウンライフ家づくりのサイトを活用

タウンライフ家づくり

ローコスト住宅で家を建てたい場合に無料で力となるサイトにタウンライフ家づくりがあります。

 

タウンライフ家づくりでは

 

家づくりに関して希望者と一緒に考える事をコンセプトにしており、ローコスト住宅の場合は内容に3つのメリットがあります。

間取りプラン

 

間取り

間取りプランは希望に基づいて作成される事になり、使い勝手の良い、ローコストの住みやすい間取りが提案されます

資金計画

 

資金計画

注文住宅費用に関して具体的な数字を使用した提案を受けることができるので、ローコスト住宅を建てたい時にも非常にやりやすい

土地探し

 

土地探し

土地探しからも出来て、全国を対象としてネットで希望にそった土地の提案を受けることができので、自分の理想としている場所にローコスト住宅を建てる事が可能なのです。

 

>>>タウンライフ家づくりをもっと詳しく

 

活用をする場合の利便性

タウンライフ家づくりは、利便性の面においても高いものがあります。

 

ネットによる一括依頼を行うことができる

 

計画書の作成

ローコスト住宅を希望する場合にも、計画書の作成や提案書の提示まで複数社に一括して依頼をすることができるようになっており、個別に依頼をする手間を省くことができます。また、複数社から費用面に関しても資料を入手することができるために、比較検討が簡単に行うことができ、様々あるローコスト住宅の内容を見比べることが可能となります

多くのローコスト住宅は

 

通常、モデルハウスを設けていますが、ここでは利用をすることで展示場に行く必要がなく、住宅取得に向けてスムースに計画を進めていくことができるようになります

情報量の多さ

タウンライフ家づくりを活用することは、多くの情報源を利用することにつながります。依頼をすることで、自宅にいながら複数のメーカーから間取りや資金計画提案を受けることができるようになりますが

 

大手住宅会社

大手住宅会社を始めとして数多くの会社が登録をしており、数も全国で300社以上を誇ります

 

国内では最大級の規模を持っている

 

自分にあったローコスト住宅の会社を選ぶ事も容易に行うことができるようになっています。また提案を比較をすることで、事前に会社の特徴も掴むことができるために、判断をした場合においても安心して発注をすることができるようになります

 

タウンライフ家づくりをしない理由がない

家づくりの法則

無料登録をすると無料で家づくりに役立つ小冊子がプレゼントされます。

 

ローコスト住宅を検討している方だと無料登録で一切料金等はかからないのでタウンライフ家づくりに登録する事を推奨いたします。様々な情報を元により良いマイホームを建てれる事を願っています(^0^)

 

ローコスト住宅の強い味方

タウンライフ家づくり 公式