住み心地が悪いと意味がないですよね

ローコストだから、住み心地が悪いのは仕方がないと思ってはいませんか?もっともローコストでなくても
暗い

 

狭っくるしい

 

収納が少ない

 

間取りが悪い

 

よく聞く話です。もちろん風水なんか無視しています。

光と風にあふれた豊かな空間は、お金とは関係ありません

機械に守られた人工的な環境にのみ快適だと感じる人がいますが、それは間違っています。すぐにその考えを改めたほうがいいですね。機械に頼らない自然との共存生活、だから快適。これが一番。このことがみなさんにとって肉体的にも精神的にも、大きな影響を与えるのです

 

医療の世界でも精神面の健康が重要視されている

癒しの効果は病を予防

リラックス、そして癒しの効果は病を予防してくれます。その役割の大きな部分を、家は与えてくれるのです。そのため家は快適でないと意味がありません。しかし、高額なお金を出して建てても、住み心地が悪い家は沢山あるものですね。一体何がそうさせるのでしょうか?

 

@間取りが悪く、使いづらい

 

A細かく壁で仕切られていて、風通しが悪い

 

B細かく壁で仕切られていて、広がりが感じられない

 

C収納が少ないため、物であふれている

 

D暗くて、昼間でも電気をつけないといけない

 

 

こんな家、正直住みたくないですよね。でも多いのです。景気の良かった時代には、建てれば売れるという時代があり、ひどいと頃では不動産屋の営業マンが間取りを作っていました。そんなものを買ってしまった人、家の価値がわからな人、わかっていても「予算がないから、こんなもんだろう」とあきらめていた人のどちらかです

しかし、賢明な人は違うはず

違いがわかるはずだし、あきらめてはいけません。現実にすばらしいローコスト住宅は、存在しますから!

 

 

>>ローコスト住宅ランキング TOP